ワクワクメールは安全?/信頼できる優良サイトか検証してみた。

ワクワクメール攻略

出会い系サイトに対し、悪いイメージを持っている方多くないですか?

口コミや噂ではこんなことをいう人が多くいます。

「サクラばかり」

「個人情報がだだ漏れ」

「援助交際の温床になっている」

「迷惑メールが来る」

「めちゃくちゃ高額な料金請求が後からきた」

この口コミや噂は嘘ではないと思います。
実際にこういう詐欺サイトがたくさんあるので、出会い系サイトは悪いイメージを持たれてしまっています。

出会い系サイトが悪いイメージを持たれてしまったことで、出会い系サイトではなくマッチングアプリというものが多く出てきていますが、言い方を変えているだけで本質はまったく同じ

悪質なマッチングアプリも無数にあります。

そこで今回は、私がメインに使い、当サイトでも使い方などをよく紹介している「ワクワクメール」の安全性に問題はないのか、利用者目線で伝えていきます。

運営会社

運営会社が信頼できると安心ですよね。

東証に上場している企業も最近では、出会い系に参入してきています。
上場企業だと上場審査や株主からの監視があるので会社の信頼性が高まります。

上場企業が参入してきたのが最近なので、出会い系サイトではなくマッチングアプリを運営している会社で有名な上場企業はいくつもあります。

  • ゼクシィ縁結び、ゼクシィ恋結び、Matchbookを運営するリクルート
  • タップル誕生、CROSSME、mimiを運営するサイバーエージェント
  • YYC、ユーブライド、Poiboyを運営するIBJ
  • Omiaiを運営するネットマーケティング
  • withを運営するイグニス
  • カップリンクを運営するLINKBAL

たくさんの企業が参入していますね。

中でもリクルートはゼクシィが有名なだけあって、様々なアプリを開発し、試行錯誤している様子です。

大手企業もマッチングアプリ市場に参入していますが、必ずしも人が集まるわけではないようで、失敗しているものも多くあります。

ワクワクメールを運営しているのは?

では、ワクワクメールの運営会社は上場企業なのか見てみましょう。

ワクワクメールは「株式会社ワクワクコミュニケーションズ」という非上場の企業が運営しています。

株式会社ワクワクコミュニケーションズ(https://wakuwaku-communications.com/

全く聞いたことのない会社ですね…。

本社は東京都港区六本木。

ワクワクメールは2001年にサービスが開始されました。

サービス開始が20年前。当時はADSLの普及期で、光回線を引いている家庭はありませんでした。
携帯電話はi-modeの時代。スマホなんてスティーブ・ジョブズの頭の中にしかなかった時代です。

そう考えるとワクワクメールは老舗中の老舗。昔、お母さんが使っていて、今、娘さんがワクワクメールを使っていてもおかしくありません(笑)。

逆に、さきほど紹介した上場企業が運営する出会いアプリが始まったのはいつかというと、
Matchbookとwithが2015年、ゼクシィ縁結びとゼクシィ恋結びとタップル誕生は2014年、CROSS MEは2016年、Omiaiは2012年、YYCは2004年、ユーブライドは2013年、カップリンクは2018年となっています。

どのアプリもワクワクメールの成功を参考にして、後から真似して作ったものばかり

ワクワクメールがサービスを開始した当初は、酷い出会い系サイトが乱立していた時代です。
サクラしかいないサイトや違法サイトばかり。児童買春も当たり前のように行われていました。

女子中高生の援助交際が連日ニュースに取り上げられるほど社会問題化していた時代でもあります。

この時代に出会い系のイメージが悪化したことで今もなお「出会い系=安全ではない」というイメージが定着しているのだと思います。

しかし実際は、2008年に出会い系サイト規制法が改正されてからは安全性が高くなりました

悪質な出会い系サイトが乱立していた中でもワクワクメールは真面目な運営を続けていたので、「サクラがいなくて出会えるサイト」と言われて利用者の信頼を地道に得て会員数を伸ばしてきました。

他の詐欺サイトは逮捕者が出て信頼を失ったりして、ほとんどが閉鎖されました。

非上場企業ではありますが、ワクワクコミュニケーションズは「インターネット異性紹介事業」の届け出もしていますし、公平な視点で見て、健全に運営されてきたと思います。

悪質な出会い系サイトやマッチングアプリは現在も存在します。別の記事で悪質サイトの特徴などを解説していますので、興味がある方はご覧ください。

ワクワクメールのサポートについて

ワクワクメールのサポートは電話サポートメールサポートどちらもあります。

サポートに関しては上場企業よりも遥かに対応が良いです。

メールサポートは24時間365日。いつでもOK。

電話サポートは10時~深夜1時まで365日

かなり手厚いサポート体制です。

サポートにここまでコストをかけられるのは、優良出会い系サイトであり、利用者に安心して使ってもらえるようにだと思います。

人が集まる場所なのでいろいろありますよね。

相談内容は様々。

「どうやれば出会えるの?」という相談や、「登録の方法を教えてほしい」とか、「迷惑な人がいるので困っている」とか。

利用者のどんな悩みにも24時間対応することで、安心して利用できるサイトになっています。

個人情報の保護/情報漏えいの危険性

個人情報の漏洩事件を頻繁にニュースで目にしますね。

Facebook、Google、Amazon等の海外の有名企業もそうですし、日本でも銀行関係や一部上場企業でもたびたび情報漏えいのニュースがあります。

大企業でも情報漏えいがあり、ワクワクメールは大丈夫か?と心配になります。

個人情報を収集することを目的とした悪質な出会い系アプリに登録してしまうと、あっという間にメールアドレスや電話番号が転売されてしまいますが、ワクワクメールはその心配はありません。

またワクワクメールは創業以来一度も情報漏洩を起こしたことがありません。今のところインターネットセキュリティ面の実績は完璧です。

ワクワクメールのセキュリティレベルの高さは第三者機関からも認定されていて、
ワクワクコミュニケーションズのサイトにはJAPHICマークTRUSTeマークが掲載されています。

個人情報の管理に力を入れている証拠です。情報漏えいに関しては、心配する必要はありません。

迷惑メールやワクワクメールからの電話は?

私は10年くらいワクワクメールを利用していますが、ワクワクメールから迷惑メールや迷惑電話は来たことがありません。

Yahoo!知恵袋や口コミサイトなどを評判を見ても、そういったスパム行為で困っている人はいないので、メールアドレスや電話番号を登録しても大丈夫です。

知り合いにワクワクメールを利用していることがバレない?

個人情報が掲載されるわけではないので、そういった意味では身バレの心配は特にありません。

しかし、顔写真を掲載したり、プロフィールに特定できるような自己紹介を書いたりすれば、知り合いであれば気づく可能性はあります。

写真を載せず、プロフィールも詳細に書き過ぎなければ、直接会うまでは、知り合いでも気づかないと思います。
身バレに関しては、自分のさじ加減次第でコントロールしてください。

家族や恋人に見つかりたくないという人もいると思いますが、
その点もワクワクメールなら完璧。

アリバイログインや検索表示の設定などで完璧に隠蔽工作ができます。

やり方や設定の仕方は別の記事で紹介していますので、身バレが心配な方は目を通しておいてください。

サクラやキャッシュバッカーの存在

出会い系サイトと言えば、「サクラ」。確かに「サクラしかいない」サイトも多くあります。

ただ、ワクワクメールはサクラはいません。絶対にいません

なぜいないと言えるのか、それは公式に運営が断言しているからです。

口コミや評判で「ワクワクメールはサクラがいる」ということを書いている人もいますが、それはワクワクメールを使いこなせずただ出会えていない人です。

自分が出会えない=サクラしかいない

その考えは違いますよね。実際に私は月に1人以上は会えてますし、連絡先の交換だけなら、月に5人前後はできています。

サクラがいない理由も詳しく別記事で説明していますので、サクラ説を信じている人は必ず読んでください。

サクラはいないことはわかって頂けたと思いますが、ではキャッシュバッカー(CB)は?

キャッシュバッカーとは出会い系サイトのキャッシュバック制度を利用し、キャッシュバックを得ることのみを目的としてサイトを利用している人です。

残念ながらキャッシュバッカーはワクワクメールに存在します。

しかし、ワクワクメールのキャッシュバッカーは気にするほどの数ではないため、いることだけ頭に入れておけば大丈夫です。

ワクワクメールのキャッシュバッカーがなぜ少ないかは別記事で説明しています。

業者はいる?いない?

健全な出会い系サイトやSNSには必ず業者がいます。

ワクワクメールも例外ではありません。

問題は業者の数が多いか、少ないかですね。

ツイッターやインスタグラムには投資や副業系の業者がいますよね。ステルスマーケティングをやっている人とか。

似たような感じで、ワクワクメールには援デリ業者、アドレス回収業者、誘導業者などがいます。

アダルト掲示板で割り切りの募集している人はほとんど援デリ業者ですが、実際に会ってやることはできますので、そこは割り切って利用しましょう。

ワクワクメールの運営会社も業者の排除には力を入れていて、どんどん強制退会させているのですが、
業者も負けじと登録を繰り返すのでイタチごっこです。

運営さんが一気に強制退会させると業者が劇的に減りますが、時間が経つとまた徐々に増えていくという感じです。

ワクワクメールは業者対策を厳しく行っているため、最近ではかなり減っているように感じます。

そのため、多くの業者は規制の緩い他の出会い系サイトやマッチングアプリに流れています。

美人局(つつもたせ)

出会い系サイトと言えば美人局(つつもたせ)を心配する人もいますね。

ワクワクメールで普通に恋人を探していて美人局の被害に遭うことはないと思います。
もちろん確実にないとは言い切れませんが、宝くじで1等が当たるくらいの確立だと思います。

しかし、18歳未満の女の子と援助交際をしようとしたり、する人は例外です
未成年の援助交際は組織ぐるみでやっていることが多いので美人局の被害にあったり、トラブルになることは多いです。

お互い犯罪を犯しているため、警察に相談することもできないので、美人局のターゲットになってしまいます。

危ない橋を渡ると、危ない目に遭うのは当然です。

普通に利用していれば、なにも心配することはありません。

料金

ワクワクメールは他の出会い系サイトと比べると料金は安いです。

「プロフィールの閲覧」が無料、「メールの受信」が無料なだけでも、他の出会い系サイトよりポイント消費を抑えることができます。

出会い系の料金をまとめた記事がありますので、詳しくは別記事をご覧ください。

最後に

今回はワクワクメールの安全性をメインにまとめてみました。

ワクワクメールは私も長年利用しており、実際に多くの女性と会っているので、優良サイトで間違いないです。

今回改めてワクワクメールをまとめてみると、サイト自体も安心安全に利用してもらうために様々な努力をしていましたね。

出会い系サイトの運営で一番難しいのは、ユーザーの確保です。

20年以上経った今でも多くのアクティブユーザーがいるワクワクメールは相当すごいと思います。

マッチングアプリが主流にはなりつつありますが、出会い系サイトもまだまだ使えます。

まだ使ったことがない人は、いつまでも悪いイメージを持たずに、ぜひ出会い系サイトを使いましょう!

今回紹介したサイトは下記からどうぞ(無料ポイント120P貰えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました