Jメール/口コミ・評判・登録・使い方を徹底解説

Jメール攻略

「Jメール」は2000年に運用を開始した老舗出会い系サイトです。福岡県に本拠地を置く有限会社エムアイシー総合企画が運営しています。

全国各地に多くのユーザーがいるJメールは地方に住んでいる方でも聞いたことがあると思います。

しかし、出会い系サイトという性質上、「Jメールで本当に出会えるのか?」「Jメールは安全に利用できるのか?」といった悩みを持つ人も少なくないのではないでしょうか。

実際、口コミでも評価は賛否両論で、どの口コミを信じればよいのかわからなくなりがちです。

そこで、この記事では「Jメール」の特徴や実際に利用したユーザーの口コミ・評判について詳しくご紹介していきます。「Jメール」が安全に利用できるとされる根拠についても解説しているので、「Jメール」に登録しようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

Jメールとは

会員数 600万人超
主な年齢層 20代〜40代
利用目的 恋愛・婚活
登録料金 女性:無料
男性:無料
利用料金 女性:無料
男性:ポイント制
ポイント 1pt=10円
※女性へのメール送信10pt
運営会社 有限会社エムアイシー総合企画

Jメールは幅広い世代をターゲットにした出会い系サイトです。会員登録するとサイト上で気になる相手を見つけたり、メールのやりとりをしたりして交流できます。

Jメール:サービスの特徴

Jメールには「男性の割合が多い」や「若い世代の利用者が多い」といった特徴があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

若い世代の利用者が多い

Jメールは、10~20代の利用者が多い出会い系サイトです。会員の年齢層が若い理由は、広告を若者が多く目にする場所に設置しているためです。

渋谷などでトラックに大きく広告を載せ走っている姿を目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

各地域の都市部でこのような広告宣伝活動を行いユーザーの確保をしています。

現在、若者が多い出会い系サイトはあまり存在しません。他のサービスでは、20代の若い人を対象にしていながらも徐々に年齢層が高くなっている傾向にあります。そのため、出会い系の利用が初めての20代のユーザーは自然とJメールに集まっている状態といえます。若い世代をターゲットにするのであれば、積極的にJメールを活用しましょう。

男性の割合が多い

Jメールは、男性会員の割合が多い傾向にあります。全体の割合を見てみると、男性ユーザーが7割に対し、女性が3割と男女比率にはかなり差があります。男性会員にとってはやや不利かもしれませんが、女性にとっては出会いのチャンスが多いといえるでしょう。

Jメールの公式サイトを見ると「現在のログイン数」を確認できます。どの曜日や時間帯が出会いやすいかログインするたびにチェックすると、出会う確率もグッと上がるはずです。

利用目的が幅広い

Jメールの特徴として、利用目的が幅広い点が挙げられます。「メル友」や「共通の趣味友」から「恋人」「結婚相手」まで、様々な目的で利用が可能です。「真剣なユーザーが多い」と口コミにもあったので、メル友からじっくりやりとりして、相手と相性がいいなと思えばいずれ会うこともできるでしょう。

Jメールは自分の目的に合わせて、相手を探せます。このような幅広い利用目的を設定しているのは、Jメールならではの特徴といえるでしょう。

Jメール:口コミや評判

Jメールには無料でも使いやすいという口コミから、本来の目的以外の利用者がいる、といった悪い口コミまで様々な口コミがあります。そこで、実際に華の会メールを利用したユーザーによる良い評判・悪い評判について詳しく見てみましょう。

Jメールの良い口コミ

「Jメール」の良い口コミとしては、「実際に出会えた」「無料で使いやすい」といった意見が目立ちました。「Jメール」は女性なら無料で登録できるため、口コミを見ても女性からの意見が比較的多めです。出会ってみたらサクラだったという口コミは見当たらず、年齢や目的さえマッチしていれば実際に出会っている人は多い印象です。

30代男性
30代男性

他のサービスと違い、サクラや業者などが存在せず、素敵な女性と出会うことができました。

40代女性
40代女性

女性は無料で使えるので、遊びたい時に気軽にお相手を探してます。

50代女性
50代女性

スマホの操作に慣れてなくてもアプリのデザインがわかりやすくて使いやすい

Jメールの悪い口コミ

「Jメール」の悪い口コミとしては、「年齢層が合わない」「アクションを起こさないと何も起こらない」という意見がありました。「Jメール」は若い世代が多い出会い系サイトなので、30代以上の利用者からは女性であってもネガティブな意見が多めです。逆に20代の女性で年の離れた方を探している場合は、効率的に出会えるかもしれません。

20代女性
20代女性

20代の男性と出会いたいのに30代以上の人からのメールが多かった

30代男性
30代男性

真剣な交際をするために登録したが、結婚というより遊び相手を探している女性としか出会えなかった。

Jメールはこんな人におススメ!

口コミ評価と私が実際に利用した経験をもとに、「華の会メール」をおすすめするのは次のような人です。

20代の人

20代の人に「Jメール」はおすすめです。Jメールはもともと幅広い年齢層の人向けの出会い系サイトですが、その中でも20~30代が7割を占めています。出会い系サイトの中でもこのような若い世代が多いサイトは少なく、該当する年齢の人にとっては貴重な選択肢の1つです。

プロフィールや掲示板検索の時に細かく条件を絞ることができるため、遊びではなくてしっかりとしたパートナーが欲しいという人にもJメールはおすすめです。

若い年代と出会いたい人は、「ワクワクメール」「ハッピーメール」もおススメ!

気軽な出会いを求めている人

気軽な出会いを求めている人に、Jメールはおすすめです。年齢を重ねるにつれて、「以前より出会う機会が減ったな」と感じるタイミングが増えた人もいるのではないでしょうか。

Jメールは「メル友」「飲み友」「趣味友」「恋人」「結婚相手」と利用用途が幅広く設定されています。「すぐ会うのはちょっと……。」という場合は、メル友から始められますし、「飲み友が欲しい」「共通の趣味がある人と遊びたい」とサクっと会える人を探すのにも利用できます。気軽な出会いを求めている人はJメールがおすすめです。

セフレや遊び相手を探している人は、「PCMAX」で探す方が早く見つかるかもしれません。

金銭的余裕のある人

男性の場合、Jメールは金銭管理がしっかりできる人におすすめです。他の出会い系サイトと同様にポイント制の料金設定なっています。メッセージのやりとりが1通=50円なので、気にせずにやりとりしていたら、いつの間にか高額になっている可能性も0とはいえないでしょう。
(自動的に課金されることはありませんので安心してください)

女性は無料なので問題ありませんが、男性の場合は金銭的に余裕がある人にJメールはおすすめです。

▼コスパで出会い系を選びたい方は下記の記事をご覧ください

Jメールはこんな人には合わないかも

Jメールは婚活目的の人や、40代以上の女性には合わないかもしれません。Jメールをおすすめできない人についてまとめました。

40代の女性

40代以上の女性にはJメールは合わないでしょう。Jメールが20~30代に力を入れてユーザーを集めているので、40代の女性は男性ユーザーのターゲット層から外れる可能性が高いです。公式サイトの年齢層を見ても、40歳以上の女性は全体の15%しかおらず、40歳以下が全体の85%を占めています

華の会メールを20代で利用する場合、同世代と出会える確率はかなり低いです。もし同世代と出会いたいのであれば、他の出会い系サイトやマッチングサイトの利用も視野に入れた方がよいでしょう。

40歳以上の女性には「華の会メール」がおススメです。Jメールと同じく登録も利用も無料です。

華の会メールは30代以上の方限定の出会い系サイトなので、同世代の方と出会うことができます。

婚活目的の人

婚活目的の人に、Jメールは合わないかもしれません。Jメールには「結婚相手を探す」も利用目的に含まれていますが、「メル友」や「飲み友」探しで利用している人もいます。利用用途が幅広い分、婚活目的で利用する人の確率も少ない可能性があるでしょう。そのため、婚活期間が長引いてしまうかもしれません。

もし、婚活が目的で出会い系サイトを始めるならば、婚活に特化したサイトやマッチングアプリを選びましょう。他のオンライン婚活サービスの利用も視野に入れてみてください。

地方に住んでいる人

地方に住んでいる人は、Jメールだと出会える確率が低い可能性があります。実際、出会い系サイトを利用していても、自分の住んでいる地域にいる人が登録しているのか分からないですよね。中には、いい人に出会えず退会してしまったという人もいるのではないでしょうか。

Jメールは都市部を中心に広告を出していることもあり、「東京」「名古屋」「大阪」「福岡」のユーザーは利用者数に不満なく利用できると思います。また、九州地方でも広告を多く打ち出しているため、ユーザー数が多い傾向にあります。

しかし、地方の方はアクティブなユーザーがどの程度いるかわからないので、一度お試しで利用してみて、自分の居住地付近の利用者がいるか確認してみましょう。もしくは、位置情報を利用して近くの人と出会えるサイトを利用してみるのもいいかもしれません。

地方の方は全国的にアクティブユーザーが多い「ワクワクメール」と「イククル」がおススメです。

Jメールの安全性

「Jメール」の登録を悩んでいる人の中には、「個人情報が漏洩しないか」「詐欺にあわないか」など、サイトの安全性に関して不安を抱いている人も少なくありません。そこで、「Jメール」公式サイトが安全であり、登録しても問題ないと考えられる3つの根拠について解説します。

「TRUSTe」認証を受け個人情報を保護している

「Jメール」公式サイトでは、セキュリティ対策の1つとして 「TRUSTe」認証を受けていることを公表しています。「TRUSTe」認証とは、個人情報の取り扱いに対して米国の独立法人TRUSTeにより認定を受けたサイトであるという証です。

「TRUSTe」認証はOECD (経済協力開発機構)プライバシーガイドラインに基づいて、対象のサイトが個人情報保護についての扱いを明確にしていること、また実際宣言した通りの扱いをしていることを第三者の立場から証明します。

この 「TRUSTe」認証は世界的に様々な企業で導入されているものです。日本でも有名な企業としては、Apple社やMasterCard社、IBM社などが 「TRUSTe」認証を受けています。

また、 「TRUSTe」公式サイトではTRUSTeライセンシーを受けた事業者を検索することができ、「華の会メール」も確かに含まれています

GMOグローバルサインの認証を受けている

「Jメール」公式サイトでは、公式サイトのセキュリティを高める工夫としてGMOグローバルサインの認証を受けていることを公表しています。 GMOグローバルサインはSSL接続と電子証明書を扱うサービスです。

「Jメール」公式サイトを開きブラウザのアドレスバーを見ると、URLの隣に鍵のマークが表示されます。これは「SSLサーバ証明書」といって、次の機能を持っています。

  • SSL暗号化通信による個人情報や決済情報の保護
  • フィッシング詐欺でないことの証明
  • 常時SSLによってCookieの盗聴から保護されていることの証明

鍵のマークにカーソルを合わせると、「この接続は保護されています」との文字と、有効な電子証明書が確認できます(Google Chromeの場合)。GMOグローバルサインの認証を得るためにはそのドメインの所有権を誰が持っているのか、フィッシングサイトではないのかなどの審査に合格しないといけません。

このため、少なくとも「Jメール」はフィッシング詐欺サイトなど不正サイトではないことがわかります。

インターネット異性紹介事業の届け出がされている

「Jメール」は本拠地を管轄する福岡県警に対して異性紹介事業の届け出を行っています。「Jメール」のような出会い系サイトは、原則として警察への届け出をしないと営業してはいけない決まりです。

「Jメール」では公式サイトの下部に「インターネット異性紹介事業」の認定番号や、出会い系サイトを運営するにあたって併せて必要な、総務省の電気通信事業の届け出番号がきちんと記載されています。

悪徳業者の場合は届け出を行わずに営業しているケースもありますが、「Jメール」はわかりやすい位置にこのような記載をしており、不正営業している心配はないと考えてよいでしょう。

「Jメール」を使うのにかかる費用は?

Jメールを使うのにかかる費用ですが、女性は完全無料、男性はポイント制となります。そのためかかる費用は利用頻度によって様々です。華の会メールの料金についてまとめました。

「Jメール」の月額料金プラン

華の会メールの月額プランは下記の表をご覧ください。

男性女性
会員登録無料
ポイント制1pt=10円~
完全無料

女性は完全無料です。男性の場合、会員登録や基本機能は無料で利用できます。掲示板の閲覧や女性とやりとりする場合は、ポイントを購入しなくてはいけません。ポイントは1ptにつき10円です。男性は新規登録すると150ポイントがもらえるので、興味がある人はお試しで利用してみるのをおすすめします。

有料・無料サービスによる料金の違い

次に、華の会メールの有料・無料サービスについて説明します。下記の表をご覧ください。

無料サービスptサービス消費pt
プロフィール変更プロフィールを見る1pt
メール受信・閲覧メールを送る7pt
日記を読む画像を見る3pt
日記を書く掲示板に投稿する5pt
コメントを書く掲示板を見る1~3pt
掲示板の画像を見る3pt

Jメールの無料機能は、プロフィールの閲覧(アプリ版のみ無料)やメール受信、日記全般です。それ以外は全てポイントを消費することで利用できます。ポイント購入については、銀行振込・クレジット・コンビニ決済などがあります。また翌月払いが選択可能で、決済する時期のバリエーションも豊富です。

Jメールは、無料で利用できるサービスが少ない印象です。出会うためにはポイントを利用しなければ、出会えるチャンスは下がるでしょう。また、Jメールはメール送信が7pt=1通70円と、他の出会い系サイトに比べて高めの設定です。お試しの150ポイントを利用してみて、Jメールは自分に合っているかどうか判断するのをおすすめします。

「Jメール」登録の流れ

登録の流れ
  • Step1
    Jメール公式サイトにアクセス
  • Step2
    「男性登録」、「女性登録」のいずれかをクリックして進む。

    ※性別は後から変更できません。

  • Step3
    基本情報の入力
    「ニックネーム」、「都道府県」、「市町村」、「年齢」、「メールアドレス」、「パスワード」を入力し、利用規約に同意して送信をクリック

  • Step4
    メールアドレスの確認
    メールアドレスの認証のため、「メールを送信」をクリックし、登録したメールアドレスからメールを送ってください。

    メールを送るとJメールから返信が来ます。
    真ん中のURLをクリックし、登録を完了してください。

  • Step5
    Jメールの登録は以上で完了です。

「Jメール」を使いこなすコツ

Jメールの使い方を攻略すれば、出会いの確率が格段にアップします。ここでは、Jメールを使いこなすコツをまとめました。

日記を活用しよう

Jメールを上手に利用するためには、日記を活用しましょう。女性とメッセージをやりとりする場合、1通70円かかります。複数の相手とやりとりするとなると、出費が気になることもあるはずです。「出費のことを気にしていたら、なかなか出会えないのでは?」と思うかもしれませんが、日記を利用すれば上手に女性とやりとりができます。

日記は、Jメールの機能の中でも唯一気になった相手と無料でやりとりできるツールで、しかも相手の趣味や雰囲気が分かります。ぜひいろいろな人の日記を読んでみて、「この人は自分と価値観が合いそうだな」という相手を探してみましょう。そのあとメッセージのやりとりをすれば、話も弾むこと間違いなしです。

プロフィールを充実させよう

異性に出会いたいならば、プロフィールを充実させましょう。「プロフィールを書くのは当たり前じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、意外とプロフィールをしっかり書いている人は少ないです。そのため、プロフィールをしっかり書いている人は、多くの会員から見てもらえるチャンスが増えます

Jメールは男性会員が多いので、素敵な女性に会うためにはプロフィールが目に止まらなければ出会えません。女性会員においても、素敵な男性からアプローチされるためには、プロフィールを充実させるのは必須です。プロフィール写真や趣味・特技など、しっかり書いておけば、見てもらう機会は格段に増えるでしょう。

足跡機能でお互いにアピールしよう

Jメールは気になった人に、足跡を残せる機能があります。サイトを利用していて、「気になった相手に気付いてほしい」「自分が気になっているという意思を見せたい」と思う瞬間があるでしょう。そんな時に、足跡機能を活用すれば相手に意思表示が可能です。

もしサイトを利用していて、同じ相手から何度も足跡がついていたら気になりませんか?相手も同様、あなたのことが気になるから足跡をつけていると考えられます。足跡を何度かつけてからメッセージを送ってみれば、やりとりがスムーズになる可能性もありますよ。ただし、場合によっては業者の可能性もあるので、しっかり見極めた上で相手を選びましょう。

おしゃべりコーナーは使うな!

Jメールには通話ができる「おしゃべりコーナー」というものがありますが、絶対に使わないようにしましょう。

ポイントの消費が激しく、キャッシュバッカーの餌食になります。

詳しくは別記事でまとめてありますのでそちらをご覧ください。

「Jメール」よくある質問Q&A

Jメールにサクラやヤリモクの人がいるのか気になる人もいるのではないでしょうか。そこで、Jメールに寄せられるQ&Aをまとめました。

「Jメール」にサクラはいるの?

Jメールにサクラはいないと考えられます。サクラというのは、運営会社がサイトを多くの人に利用してもらうために雇った会員を指します。Jメールはすでに多くの会員がいるため、運営側がサクラを雇うメリットがありません。むしろ運営側としては、悪い噂が広まってデメリットになる可能性もあります。

しかし、もし怪しいと思う人がいたら相手は業者かもしれません。業者とは、会員になりすまして、他のサイトへ勧誘をしてくる人のことです。中には、キャッシュバッカーといって、男性とのやりとりでポイントを貯めて、換金することを目的にしている女性会員もいます。相手とやりとりしていて「怪しいな」と思ったら、遠慮せず連絡を止めることをおすすめします。

「Jメール」が友達や職場の人にバレる可能性は?

Jメールを利用して、友達や職場の人にバレる可能性は低いといえます。Jメールを利用する際は本名ではなく、ニックネームで登録できます。また、華の会メールではほぼプロフィール写真を掲載する習慣がないので、顔でバレることも心配する必要はありません。

友達や職場の人にバレたくない場合は、自分の名前を連想できないニックネームにしたり、プロフィール写真を控えたりして気を付けていれば、ほぼバレることはないでしょう。

「Jメール」 で出会った人が業者かどうかの見分け方は?

「Jメール」で業者やキャッシュバッカーを見分けるためには、相手の行動をよく観察しましょう。すぐにLINE交換を迫るのはほとんどが業者だといわれています。

また、メールアドレスや他サイトのURLなどを掲載して、外部でのやりとりに切り替えようとする人も業者の可能性が高いです。業者に出会ったら、基本的には相手にせず無視しましょう。URLはスパムの可能性があるため決してクリックしてはいけません。

まとめ

今回の記事では、Jメールの特徴から口コミ・評判までご紹介してきました。Jメールは誰にでも利用できるよう登録代行サービスを行っており、「常識のある人が多い」「出会いやすい」などの良い口コミが多い印象でした。一方で、業者やネカマがいるという口コミもあります。

Jメールを安全に利用するためには、利用する側も相手を見極める力を養わなければならないでしょう。もし、怪しいユーザーに出会った場合は、すぐに運営に通報してください。やりとりをしてみて、返事を自分の言葉でしっかり返してくれるのであれば、業者の可能性は低いといえます。ぜひJメールの使い方を理解して、素敵な出会いを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました