ハッピーメールの年齢認証は必要?/やり方、安全性、必要性

ハッピーメール攻略

当サイトでもよく紹介させて頂いている「ハッピーメール」。

メッセージやプロフィール検索など、すべての機能を使うには、年齢確認(年齢認証)が必要です。

でも、出会い系・マッチングアプリの年齢確認で、運転免許証やパスポートなどの公的証明書を送るのは、少し不安に感じる人もいますよね。

そこで本記事では、ハッピーメールの年齢認証について、年齢認証の必要性と安全性、年齢確認のやり方や注意点などを詳しく解説していきます。

年齢認証が必要な理由

年齢認証が必要なのは、法令により出会い系サイトの利用が厳しくなったからです。2009年2月以降、利用する人の年齢が18歳以上かどうかの確認が義務付けられました。ハッピーメールもこの法令に則り、年齢確認を行っているのです。

年齢確認をしっかりと行っている出会い系サイトは、国に認可されている安全で優良なサービスだと言えます。

逆に年齢認証無しで使える出会い系サイトは100%悪質サイトです。

新しく出会い系やマッチングアプリを始めたい人はこれだけでも見分けることができます。

年齢認証することでできること

①メッセージを送ることができる

年齢認証が完了していると、気に入った女性にメッセージを送ることができるようになります。

そもそもメッセージのやり取りができないと、出会い系サイトではなにもできないようなものなので、年齢認証は必須ということです。

②女性から受信したメッセージを確認することができる

年齢認証した後は、相手からメッセージをもらったときに内容を確認できるようになります。年齢認証が完了していないと内容を見ることができません。せっかく相手の目に留まったのに、返信できないのはもったいないですよね。

③掲示板への書き込みができる

掲示板は、自分の目的にあった女性を募集するときに使います。目的別、地域別や年齢、職業など相手の詳細まで検索することもできるので、掲示板機能が使えないと、出会いのチャンスが減ってしまいます。

パパ活などの割り切り目的での利用はこの掲示板で探すことが多いと思いますので、そういった目的の方も必ず年齢認証が必要になります。

年齢認証のやり方

ハッピーメールの年齢認証は、「身分証明書による年齢確認」と「クレジットカードによる年齢確認」の2つがあります。

身分証明書による年齢確認

マイページを表示して、「年齢確認」をタップします。

年齢確認の画面が開いたら、「年齢確認をする」をタップしてください。

年齢確認の申請に必要な証明書の撮影例が表示されます。

・生年月日、もしくは年齢
・提出する書面の名称
・書面発行者の名称

この3つだけがわかればよいので、他の情報は隠しても問題ありません。

免許証であれば、顔写真は必要ないので、顔は付箋などで隠して撮影してOKです。

送信方法は「画像を送信」「FAXで送信」の2通りです。基本的には皆さん「画像を送信」の方でよいと思います。タップして、身分証明書の画像を送信しましょう。

年齢確認に使える身分証

・運転免許証     ・学生証
・健康保険被保険者証 ・診察券
・国民健康被保険者証 ・区民証
・年金手帳      ・身体障害者手帳
・パスポート     ・保険証券(証書)
・外国人登録証明書  ・健康診断証明書
・住民基本台帳カード ・在学証明書
・共済組合員証    ・卒業証書
・社員証       ・マイナンバーカード

クレジットカードで年齢認証する方法

クレジットカードでの年齢確認は、Web版のみの対応です。料金が100円(100円分のコインとして10コイン加算)かかるので注意してください。

マイページを表示して「年齢確認」をタップします。

年齢確認申請方法の画面が表示されるので、「クレジットカードによる確認」をタップしてください。

カード情報の入力についての画面に遷移します。「同意して購入」をタップしましょう。

カード情報の入力画面に遷移するので、自分のクレジットカードの情報を入力しましょう。必要事項を入力したら「決済開始」をタップします。

年齢確認の注意点

「身分証明書」もしくは「クレジットカード」での確認手続きが終わってもすぐには、認証されません。

「クレジットカード」での認証はすぐに確認が取れ、認証されますが、「身分証明書」での認証は確認作業に数時間~1日かかります。

サイト側で年齢確認後、サポートセンターから完了のお知らせが来たら、年齢認証は完了です。もし年齢認証がうまくできない場合は、以下を確認してみてください。

・認められている証明書以外を送っていないか?
・画像が不鮮明ではないか?
・画像がきちんと送信できているか?
・加工した画像を送っていないか?

よくあるミス
免許証の顔を隠すときに、写真の下の「○○県公安委員会」という文字まで一緒に隠してしまった。
ここの部分が免許証の発行元になるので、しっかりと見えるように写真を撮ってください。

年齢認証の安全性

やり方はわかってもらえたと思いますが、まだ年齢認証で「身分証明書」や「クレジットカード」を送るのに不安を抱いて躊躇してしまっている人もいると思います。

そんな人のために最後にハッピーメールの個人情報の管理について紹介します。

個人情報の管理

ハッピーメールのプライバシーポリシーを見ると、利用者の個人情報は、プライバシーポリシーに基づいて管理されています。他のサイトに同時登録されることもなく、身に覚えがない勧誘や請求が届くこともありません。

また、年齢確認で送った情報は確認後に破棄されています。顔写真やクレジットカードの番号など、個人情報が漏れることはありません。

運営会社

ハッピーメールを運営しているのは、1981年の創業以来、インターネットビジネスに取り組んできた「株式会社アイベック」。ハッピーメールだけを運営し、24時間365日のサポート体制で悪質ユーザーの取り締まりをしています。

年齢認証を済ませて、ハッピーメールの機能を堪能しましょう!

ハッピーメールの登録がお済でない方はこちらから

年齢認証がお済の方はこちらの記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました