出会い系にいる女性の目的ってなに?/タイプ別まとめ

出会い系全般攻略情報

出会い系サイトを利用している男性は純粋な恋愛や見知らぬ相手とのセックスを求めて利用しますが、女性はどういった経緯で登録しているのか、気になる人は多いのではないでしょうか?

女性の出会い系サイトを利用する目的を知り、目的にあった女性にアプローチをすることで、マッチング率は非常に高くなります。

男性だけではなく、女性の中にももちろんセフレが欲しいと考えている人もいます。ただ、どうすれば見分けがつくのか気になりますよね。

そこで今回は、出会い系を利用している女性がどういった目的で登録しているのか、詳しく解説していきます。

女性が出会い系サイトを利用する7つの理由

①真剣な出会いを求めている

真剣な出会いを求めて出会い系サイトを利用している女性は一定数います

ただ傾向としては30代に多い印象です。これは、婚活専門の婚活サイトがあると知らずに出会い系を利用していたり、昔から出会い系を利用していた名残だと思います。

20代で婚活をしている女性もいますが、真剣度は低いです。

②友達・セフレ探し

結婚を強く意識しているわけではないけど、かと言ってチャラチャラした遊び目的でもないと考えている女性は多くいます。一番出会い系サイトで多い層がこの層です。

このような女性は好みのタイプの男性がいればきちんとお付き合いしたいという気持ちはあるものの、遊びたい欲求がまだまだあるので一人に絞り込むことができず結局色んな男性と遊んでいます。

名目で言えば、「好みの相手がいれば真面目に付き合う」と言いつつも簡単にセックスできるのがこのタイプです。

男性側が遊び目的であれば、積極的に声をかけたい層になります。

③メンヘラ気質

寂しさや孤独を出会い系を利用して紛らわす女性は意外と多くいます。このような女性は、男性や恋愛自体に依存しやすい傾向があります。

※男性側としては遊び相手にうってつけと考えがちですが、依存気質が強いため、男性側とトラブルになりやすいタイプなので注意が必要です。

比較的デートには繋げやすく、一途な人が多いので、真剣交際や遊びの相手にはピッタリです。

④不倫願望がある

これは主に人妻限定となりますが、不倫目的で出会い系を利用しているユーザー一定数います。
不倫願望がある女性の中でも、ストレートに言う人と表向きは肉体関係を求めていないように見せかけている人の2パターンあります。

しかし、40代の既婚者で出会い系に登録している時点で、利用目的は不倫以外に考えられません。すぐに関係を求めているわけではないにしても、必ず肉体関係を結ぶことを目的にしています。

不倫願望がある方はこちらで詳しくまとめていますので、下記の記事も参考にしてみてください。

⑤割り切り目的

出会い系サイトの利用目的で2番目に多いのが割り切り目的です。割り切りと聞くと女子高生による援助交際(援交)のイメージがありますが、出会い系サイト規制法ができてからは、出会い系を18歳未満の女子高生が利用することはできなくなりました。

現在は20代~30代の女性が割り切り目的で利用していることが多いです。また、若い女性に関しては割り切りからパパ活と呼び、特定の男性(パパ)を探して利用している人もいます。

現在は20代~30代の女性が割り切り目的で利用していることが多いです。また、若い女性に関しては割り切りからパパ活と呼び、特定の男性(パパ)を探して利用している人もいます。

※割り切りを斡旋する売春組織(業者)が増殖しています。完全素人のつもりで会っても実際は業者に雇われたプロだったり、写真とは別人の女性が現れたりするので要注意です。

割り切り目的の女性は基本的に掲示板を使って相手を探すので、割り切りに興味のない方は掲示板募集をしている女性には、下手にメールを出さずに利用するのが出会い系サイトを利用する上での必須テクニックの1つと言えるでしょう。

⑥キャッシュバッカー(CB)

出会うことが目的ではなく、出会い系サイトのポイント稼ぎを目的に登録している女性のことをキャッシュバッカー(CB)と呼びます。男性とのメールの送受信でポイントが貯まる仕組みなので、サイト内でのやりとりとを延々に続けるのがキャッシュバッカーの特徴です。

キャッシュバッカーをしているのは一般女性なのでサクラとは少し異なりますが、彼女たちの目的はポイントを貯めることで得られる現金収入や景品獲得なので、どれだけアプローチをしても出会えることはありません。

しかし、2021年現在ではキャッシュバックで得られるポイントの割合が低いサイトがほとんどで、キャッシュバッカーの女性はほとんどいなくなりました。

⑦メル友関係を希望する女性

男性にはちょっと理解しがたいことかもしれませんが、出会い系にはメールだけの関係を希望する女性も少ながらず存在します。

こういった女性は暇つぶしや冷やかし程度の気持ちで登録していることもありますが、中にはバーチャル恋愛(ネット上だけで完結する恋愛)を楽しみたいという理由で出会い系に登録している人もいます。

バーチャル恋愛を希望する女性の大半は主婦で、日常生活に不満を抱えていたり不倫願望があるものの、実際に不倫するほどの勇気はなく、何かしらのはけ口となるようなものが欲しいために出会い系に登録します。

このような女性の中には、ネットだけの関係と言いつつもデートに誘えばOKをもらえることも充分考えられます。が、、、私はこのような女性とやりとりする時間とポイントがもったいないので、基本的にはスルーしています。

出会える女性の見極め方

出会い系サイトで出会うためには、女性を見極める力が大切です。

直接遊ぶ気のない女性にアプローチをいくらしても出会えません。すべての女性が出会うために出会い系を利用しているわけではないのです。

しかし、きちんとメールのやりとりができて実際に会うことができる女性の利用率が一番高いです。

先ほどの女性が出会い系サイトを利用する7つの理由のうち

①真剣な出会いを求めている

②友達・セフレ探し

③メンヘラ気質

④不倫願望がある

この4つに当てはまる女性は、しっかりと会うことができます。

中でも②の友達・セフレ探しを目的とした女性は、一番数も多く狙い目です。

逆に、③メンヘラ気質と④不倫願望のある女性は出会いやすいですが、出会った後にトラブルに巻き込まれることもあるので、出会い系に慣れてきた人がターゲットにしたほうが良いと思います。

ここからは各タイプの見極め方を紹介します。

まず1番出会うターゲットにしたい②の友達・セフレ目的の女性ですが、プロフィールがしっかりと書いてあり、友達、遊び相手が欲しいなどと書いてあれば簡単に見極められます。

しかし、②の友達・セフレ目的の 女性は、案外素っ気ないプロフィールや自己紹介にしているケースが多いので、スルーしてしまう男性がほとんどです。こういった女性は気楽に遊び相手を探していることが多いので、積極的にメッセージを送りましょう。

続いては③のメンヘラ気質の女性です。

メンヘラ気質の女性はプロフィールに「寂しがり屋」や「誰かかまって」など寂しさを訴える文章が多いです。またプロフィールだけではなく、日記やつぶやきを書いているケースが多いです。
その内容もメンヘラのイメージ通りの内容のことが多いため、見極めは簡単です。

最後に④の不倫願望のある女性についてですが、これは既婚者であれば、不倫願望ありだと思ってください。というかほとんど不倫目的なので、プロフィールに「肉体関係NG」のワードがあっても気にせずメッセージを送りましょう。

素人と業者の見分け方

最後に業者の見分け方を簡単に説明します。この見分け方もプロフィールが見ればある程度は見分けがつきます。

出会い系にいる女性は、それほどプロフを作り込んでいなくても男性からのオファーをたくさん受けられます。プロフが空欄だらけ、短文の自己紹介となると何だか胡散臭そうに見えますが、こういう女性ほど真面目でまともだったりするものです。

逆に長文の自己紹介でプロフを埋めているような女性は業者の可能性が非常に高いです。男性が好むプロフはやはり詳細な情報が書かれた長文のプロフです。この心理を利用して、男性の業者が拾った写真を使ってプロフィールを作成しています。

業者は効率性を求めるため、リターン率の悪いプロフを載せることはしません。男性から圧倒的な支持を得られるようなプロフと顔写真をエサにして食いつくのを待ちます。

あまりにも美人すぎる写真の女性がいた場合、注意深く警戒しましょう。マイナーなグラビアアイドルやAV女優の写真を無断転載しているケースは多く見受けられます。

※最近は減ってきましたが、日本語がどこかおかしな文章のプロフィールの場合、中華系の業者が多いです。日本語に違和感を感じたら疑ってかかりましょう。

出会い系では、業者を見極めて一般ユーザーの女性にメールを送信するのが、出会うためには重要なポイントになります。

しかし、キャッシュバッカーに関しては、なかなか見極めることが難しいので、キャッシュバッカーはやり取りをして、見極めるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました